リピアマッサージクリームを効果的に使用する

 

マッサージクリームという名だけあってマッサージするときに用いるとうれしい効果が期待できる
LIPIAmuse(リピアミューズ)マッサージクリームですが、
正しいマッサージを行わないとその効果も十分に発揮することはできません。

 

 

みなさん身体の各部位やせたいところがあると思います。

 

ほとんど全身という方もいらっしゃるでしょう!わたしがそうです!!!(` ・」・)oグッ
まず大前提として、1パーツにつき、1日10分のマッサージを行います!

 

1日たったの10分です!できますね?できます!!!

 

 

 

たとえば、二の腕・お腹・お尻・太ももを引き締めたい!という方は
両二の腕に10分、お腹に10分、お尻に10分、両太ももに10分で計40分。

 

1日40分マッサージに費やすのは正直大変ですね、わたし絶対に続かないという自信があります。(´‘−‘`)

 

 

可能な方はやっていただくのが一番いいのですが、わたしみたいに自信がない方は
1パーツずつやっていただくのがいいかと思います。

 

 

敵はひとつずつ確実にやっつけていきましょう!

 

効果的なマッサージ実践

 

さあさあ!では実際にマッサージ法を見ていきましょう!
触ってあげるだけでも変化は見られると思いますが、やはりしっかり効果が得られるマッサージ法を覚えておいたほうが良いでしょう!

 

 

リピアミューズマッサージクリームを手に取ります!
わたしはいつもだいたい1箇所につき小ぶりのさくらんぼ大くらい使用してます。
足や腕は片側につきさくらんぼ1つです(*゚−゚*)

 

伸びが良いのでもう少し少なくても良さそうなんですが、塗り終わりもさらりとしているため、マッサージしやすいように少し多めに使用しています!
お好みの量に調節していただけると良いかと!(*・−・*)

 

 

マッサージを行うときに意識するべきポイントはリンパ節です!
ダイエットをしたいと思ってリピアミューズマッサージクリームを手に取った方、購入を検討している方なら
聞いたことはあるかと思います。

 

リンパ節をしっかりとほぐすことで、マッサージクリームを用いたマッサージをより効果的にします\(`−´)

 

代表的なリンパ節がこちらです!
せっかくなのでせがしぃさんにご登場していただきました!

 

リンパ節はそのほとんどが身体の関節部に存在しています。
マッサージをする前にその部位の近くに存在するリンパをぐりぐりと円を描くようにほぐしておくと、より効果的にマッサージを行うことができます。

 

 

 

1.耳下腺リンパ節
  両耳の下辺りに存在しているリンパ節です。
  顔に溜まった老廃物を耳下腺リンパ節に向かって流すようにマッサージすることで顔のむくみを解消できます。
  あご下のたるみも引き上げるようにして耳下腺リンパ節に流すと二重あごに効果的です。

 

2.頸部リンパ節
  首周りに存在しているリンパ節です。
  首から鎖骨へ向けて流すようにマッサージすると頭部に老廃物が溜まるのを防ぐことができます。

 

3.鎖骨リンパ節
  鎖骨に存在しているリンパ節です。
  全身を流れているリンパが最後に心臓へ流れ込む、出口とも言える場所です。
  まず一番最初に鎖骨リンパを流してやることでマッサージによって全身の老廃物が流れやすくなります。

 

4.腋窩(えきか)リンパ節
  脇の下に存在しているリンパ節です。
  指先のほうから脇に向けてマッサージしていき、最後に腋窩リンパ節を流してやると
  二の腕のたるみなどを解消することができます。

 

5.腹部リンパ節
  お腹に存在しているリンパです。
  背中からお腹のおへそ周りに向けて流してやることで腰周りのたるみを解消します。
  お腹のリンパが詰まっていると腹部がポテッとするだけではなく、腸の働きも悪くなることがあります。

 

6.鼠径リンパ節
  両足の付け根に存在しているリンパ節です。
  足のマッサージを下から順位行い、最後に鼠径リンパを流すことで
  下半身やお知りをすっきりとさせます。

 

7.膝窩(しつか)リンパ節
  両膝の裏に存在するリンパ節です。
  足の裏から順に上がって、膝裏のリンパに流し込むことで
  くことで足首やふくらはぎをすっきりとさせます。

 

 

 

基本的には鎖骨へ向かうようにして順番にマッサージしていくことがベストです!

 

上からであれば、顔→首→鎖骨
下からであれば、足の裏→ふくらはぎ→太もも→お腹→手のひら→腕→二の腕→鎖骨

 

というように身体に溜まった老廃物を流すよう意識することが大切です。

 

力の加減としては少し強めで、痛気持ちいいくらいで行いましょう!